結婚指輪 ウェディングプランナー
FC2ブログ
自然体
日々感じることを我ままに・・・
プロフィール

ビバリー的ブログ

Author:ビバリー的ブログ
奈良ビバリーヒルズへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



三沢光晴さん・・・
先日、いつものように締切に追われ原稿を書いていた。

そして、何気なくYAHOOのTOPページを見ると・・・・「プロレスラー三沢!死亡」

と記載されていた。正直プロレス独特の演出だと思った。

しかし、その記事を読んでい見ると違った。

私は結構プロレスが好きでたまに夜中にやっていたら見入ってしまう。

三沢さんの試合も当然よく見ていた。

どちらかというと、決して派手な選手ではなくコツコツタイプの

プロレスを心底愛している人だったように思う。

image_20090616145942.jpg


その時、控室のインタビューで「戦う相手は客なんだ。ウケなければ自分たちの負け」

と語っていた。その言葉に共感を覚えた記憶がある。

アマチュアバンドでも同じで対バン相手に「勝つ負ける」と

考える負けず嫌いな子も結構いるが、それでは視野が狭いのだ。

演者はあくまでお客さんが居て成り立つ。

たまに、お客さんが数人の中でライブをしているヤツもいるが、

何が楽しくてやっているのか理解できない。

他人から移る姿はまるで何かの公開罰ゲームだ。

彼らは、観客に同情心を求めているのか??

よくわからん・・・


そして、先日ある子に「最近あの子出演してないですね?」と以前出演していた

子のことを尋ねられた。だから、私は「最初から続かないのはわかっていたよ。」

と即答した。私から見ればその子にとって音楽とはまるで幼児に新しいおもちゃを

買い与えたのと同じように感じていたからだ。すなわち、飽きたら辞める。

そんな簡単な心情だろう。体は大人でも中身は幼児といったところだ。

そういった奴は一喝で簡単に心は折れ曲がるし、成長が皆無に等しい。

何度ライブを見ても猿のように同じことばかり繰り返し、

そういったモノ通しのコミュニティーに加わりたがる。

だから、そういった群れて傷の舐め合いする奴は嫌いだ。


でも、逆に本気でやっている奴らにはこっちも本気でぶつかるし、

本気でどないかしようという気持ちにさせられる。

人の心なんてそんなもんでしょ。

本気でどないかしたいなら相手の心ぐらい打てるでしょ!?

本気本気って口に出さんでもわかるのが本気。

相手が感じて初めて本気なんだけどね。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://bibahill.blog112.fc2.com/tb.php/169-d62f5aa2

三沢光晴 映像

PRO-WRESTLING NOAH 三沢光晴商品価格:4,536円レビュー平均:0.0こんな三沢は嫌だ(プロレスラーの死)三沢光晴. 天下の豪傑 三沢光晴。 マジで死んじゃった三沢 悪いことしてないのに 相手のレスラーは辛い. 引退試合をせずにいなくなった三沢。 いまだに亡くなったことが ☆youtube動画+最新ニュース☆【2009/06/16 16:29】